蹴球日誌

サッカー部 SN3リーグ第6節


□高円宮杯U-18サッカーリーグ2019 埼玉県北部支部3部リーグ 第6節

□日時 6月16日(日)13:00キックオフ vs本庄東高校B

□結果 0-3(0-2/0-1)
       31分:失点
      36分:失点
      71分:失点

□戦況
 先日のトレーニングマッチで長期にわたるリーグ戦で勝ち点を積み重ねるべくは、やはり守備の構築ということを再認識させられました。
 その反省から先週のトレーニングのテーマは守備の基本中の基本である【チャレンジ&カバー】を掲げてトレーニングを行ってきました。
 格上のチームとの対戦でしたが、トレーニングしてきたことをどれだけ我慢して継続できるかということで試合に臨みました。
 前半キックオフの笛が鳴り、勢いそのままに相手コートプレーするためにロングボールを主体にゲームを進めます。最初のチャンスを作ったのは熊農でした。⑰永田が中盤でインターセプト。GKとの1対1を迎えるが、GK正面。
 対する本庄東は長身ワントップにボールを預けて、両サイドが駆け上がる攻撃でした。幾度もバイタルに侵入されましたがGK①清水、DF④清田を中心に集中した守備をみせます。今回のテーマであった【チャレンジ&カバー】を意識して、ボールホルダーにファーストDFを決めてスライドしながら対応できていました。前半31分、少し集中が途切れてきたとき、左サイドを突破されて失点。ただ、この失点はカバーの選手が遅れてしまったのが原因。ファーストDFは決定していたことは前回のゲームよりは進歩していました。その後前半36分にCKから失点。前半を折り返します。
 後半自陣コートでの展開が続きますが、大きく空いた裏のスペースを活用する攻撃をチーム全体で共有し、FW川口の俊足を活かした速攻で対抗します。2.3度チャンスがきますがポストかすめたりと、あと1歩届かず試合終了。
 敗戦しましたが、テーマの観点からみると確かな進歩がみえた1戦でした。攻撃に関しても相手のゴール前に迫るシーンは増えました。あのとき決めていれば...と思い返してしまう良いゲームでした。選手は肩を落としてしまいますが、少しずつ勝利に近づく変化は目に見えてわかります。勝利を掴むためには「過程」があります。今熊農はその「過程」にいます。待ち望む勝利はもう少しです。選手を鼓舞し、戦い続けます!
 今後もご声援よろしくお願いします!!


Kumanoh!Happy!!Football!!!