蹴球日誌

サッカー部 SN3リーグ第7節

□高円宮杯U-18サッカーリーグ2019 埼玉県北部支部3部リーグ 第7節

□日時 6月23日(日)13:00キックオフ vs本庄高校

□結果 1-3(0-1/1-2)
       

□戦況
 今年度インターハイ予選で県大会に出場した本庄高校を迎えてのゲーム。今節も守備の【チャレンジ&カバー】をテーマに試合に臨みました。前節からスタメン、システムを多少変更してみました。格上のチーム相手にワンサイドゲームを覚悟していましたが、この日も粘り強い守備を続け、ワントップの③石関がタメをつくり攻撃に転じるシーンが見られました。特にサイドバックとサイドハーフの連携がよくとれていてサイドに追い込んでボールを奪うことが自然とできていました。
 前半CKから失点をして前半を折り返しました。後半20分過ぎに相手GKの位置が高いことを見逃さず、⑭小島のロングシュートが決まり同点。しかし、自分たちのミスからサイドを突破され失点。直後にCKからハンドをとられPKで失点。結局1-3で敗戦しました。
 前節までと違ったところは、試合後選手たちの口から「悔しい」「もっとできた」と前向きな発言があったことです。これは選手たち自ら手応えがあったと感じたからでしょう。
 今週から期末テストに向けたテスト週間に入り、2週間弱のOFFになりますが、テスト後すぐに北本高校戦があります。ここは是が非でも「勝利」を掴みに行きます。生徒には学業と部活動を良い意味で欲張ってほしいものです。今後もご声援よろしくお願いします!!


Kumanoh!Happy!!Football!!!