校長挨拶

埼玉県立 熊谷 農業高等学校のホームページにようこそ!

 

埼玉県立熊谷農業高等学校
  校 長  梅澤  仁

 

 命を育み知を磨く 農業高校、熊谷農業高等学校 のホームページを御覧いただき、ありがとうございます。
 本校は、 明治35年 (19 0 2 年 )に 埼玉県立 甲種 熊谷農業学校として現在の地に 開校し 、今年で満 118 年を迎えた歴史と伝統ある農業高校です。卒業生 の多く が地域に根ざし 、 地域の農業や 文化・ 活動を支え る リーダーとして活躍 して おり ます。
 本校 教育の特徴は 、 実際の 活動 をとおして学 ぶ ことです。 農業の授業では、 自らの体を動かして行う実習・実験がたくさんあります。 (生活技術科 の 家庭科の授業も同様です。)その授業では、知識や技術を学ぶこと はもちろんですが、最初から最後まで自分で行うことによる達成感や 、科学的な 見方・ 考え方も学んでいきます。 また、 学科によっては、先端的な農業を学んだり、 幼稚園児・保育園児・小学生との交流、地域のイベントやコンテストへ の 参加 、市役所入り口の花壇の管理 なども行 っています。
 卒業後の進路について は 、指定校をいただいている大学や短期大学、専門学校も多く、また企業等からは多数の求人をいただいております。
 中学生の皆さん、 大切な高校時代を熊谷農業高校で送りませんか。 多彩な学習や活動ができる本校には、 皆さんの 眠っている 興味 や 可能性を広げてくれる ものがあるかも しれません。
 地域の皆様、卒業生の皆様には、 今後も 本校への 変わらぬ 御理解と御支援をお願い申し上げます。

 

校長室より

               熊谷農業高等学校の生徒の皆さんへ
                                      校長  梅澤 仁

 皆さん、元気に過ごしていますか。
 学校の臨時休業が5月31日まで延長され、長い期間 学校に来られず、部活動もできず、友達と
顔を合わせて話をすることもできない状況の中で、ストレスが 溜まって いるところもあると思いま
す。 しかし 今は、 外出を 控え 、 人との接触を減らすことで 、感染拡大を抑制し終息を目指して社会
全体で取り組んでいるところです。皆さんも、 一日も早くこれまでの日常が取り戻せるよう、外出
を自粛しましょう。
 家にいてもやることがないと思っている人、時間はどこにいてもどんな状況でも同じに経ってい
きます。今こそ時間を有効に使って、知識を深め、思考力を養い、自分自身を成長させてほしいと
思います。苦しい時の頑張りが、 大きな自信と なり その後に役立つはずです。勉強しましょう。
 3年生の皆さん、最高学年として頑張ろうと思っていた人も多いと思います。また進路を決める
大切な時期に休みで、心配も多いでしょう。『進路のしおり』を活用したり、インターネットで進学
希望 の上級学校や就職先を検索して、進路を絞り込んではどうでしょう。面接の練習をしたり (質
問に短く答える) 、文章を読んで要点をまとめたり、1つのテーマで400~800字の小論文を書
いたり して、練習してみてはいかがでしょう 。
 2年生の皆さん、 1年間で学校の様子もわかり、充実の学年として、授業に、農ク活動に、家ク
活動に、部活動にと、いろいろなことを頑張ろう、挑戦してみようと思っていた人も多かったので
はないかと思います。1年後に進路を決める訳ですが、高校生活で何をやったかが問われます。自
信を持って「これを頑張りました 」と言えるものを 作 るため、何に 取り組 むか考えてみてください。
また、この学年の成績が今後の進路には、極めて重要です。教科書を勉強してください。
 1年生の皆さん、中学校の卒業式も本校の入学式も、イレギュラーな中での実施でした。そして
まだ本校には2日しか来る機会がありません。皆さんが「高校 に入ったら 頑張るぞ」と思っていた
のに出鼻をくじかれた感じだろうと思います。 新しい教科書を見てください。新しい教科書を見て
いると、わくわくするでしょ。国社数理英の教科書、どこからでもいいですから読んで問題を解い
てみましょう。『農業と環境』は農業の基礎がまとめられていますので、読んで理解するよう努力し
てみてください。また、中学校の仲間と離れ、新しい仲間もまだできず、 寂しい 思いをしているこ
とでしょう。しかし、学校が始まったら、新しい クラスメイトや部活動の仲間ができると思います。
学校再開を、楽しみに待っていてください。
 皆さん、時間を大切に、今を大切に過ごしましょう。そして皆さんのこと を心配してくださって
いる御家族に感謝し、家の手伝いもしましょう。皆さんが明るく元気に登校するのを楽しみにして
います。

フォトアルバム