生物生産工学科より

生物生産工学科

バレンタインチョコ

平成31年を迎え、熊谷農業高等学校において新たな生命が誕生しました。
 1月19日、11時40分頃母牛の重々しい鳴き声と共に1頭の仔牛が多くの生徒達に見守られる中、無事に産れました。白黒模様のホルスタインです。
 昨年4月12日、獣医師により母牛(カンナ)に人工授精が行われました。精液は雌雄選別精液を使用し、280日の妊娠期間を経て雌牛が誕生しました。
 多くの生徒達に可愛がられ、名前が付けられました。
母牛のカンナは産れ月より名前が付けられ、産れた仔牛は1月産れにちなんで「ムツキ」と生徒たちにより名前が付けられました。最高の名前です。



 実は、このムツキは珍しいことに、額の斑紋がハート型をしているのです!!これまで多くの牛が本校で誕生してきましたが、初めての事です。平成最後の年を迎えて、ハート模様の仔牛とは非常に縁起が良いのではと思います。生徒からの人気者でもあります。
本校は創立116年の伝統を誇り、生物生産工学科では、動物の飼養管理についての知識と技術を学ばせ、将来の担い手育成に努めています。
 TPP、EPAによる貿易自由化に先駆け、黒毛和牛の受精卵移植と繁殖に現在取り組んでいます。

生物生産工学科2年3組 共同実験実習

生物生産工学科2年3組 共同実験実習


生物生産工学科2年3組が911日(月)~13日(水)、埼玉県立総合教育センター江南支所へ2泊3日の共同実験実習に行ってきました。

施設・設備の関係で日頃の授業では体験できない実験・実習を行い、農業に対する知識と理解を深めました。また、集団行動の大切さやルールを守ることの意義を学び、クラスメイトとの生活を通して更なるクラスの団結にもつながりました。

 最終日には、埼玉県こども動物自然公園の見学もありました。

 
       入所式             トラクタ基本実習

  
                     トラクタ基本実習

 
           エンジン分解・組立実習Ⅰ

 
             トラクタ応用2

 
     バイオテクノロジー実験実習Ⅰ(DNAの抽出)

 

                夜間学習(講演会) 
 講師の先生は熊谷農業高校・生物生産工学科の卒業生です。
 現在、動物園で飼育員として働いておられます。
 飼育員をはじめ、動物に関わる仕事に就くことを希望している生徒も多く、質疑応答もさかんに行われました。


 
      朝操             朝

 
        夜間学習(テストに向けての勉強)

 
                        食 事


       埼玉県こども動物自然公園見学

講演してくださった講師の先生が、昨年まで勤務されていた動物園です。

生物生産工学科

生物生産工学科

動物や植物のバイオテクノロジーと動物の飼育草花の栽培について学習します

教育課程表25l.pdf


動物科学コース
家畜や実験動物などの飼育や医療の基礎を学びます
 

動物科学コースでは、家畜、実験動物の整理生態や飼育技術や管理方法について学びます。主な内容は、牛、豚、鶏の飼育技術、実験動物の管理と取扱について学びます。また、乳製品、肉などの加工についても学びます。 
 
【主な進路】
 農業自営他、農業関係の大学・専門学校、牧場や食品加工会社、医療機関などです。 
 
【取得できる資格】
ガス溶接取扱者、アーク溶接取扱者、大型特殊自動車免許(農耕用)、毒劇物取扱者、危険物取扱者、ボイラー取扱者、有機溶剤取扱者、特定化学物質取扱者、産業用ロボット取扱者、低電圧取扱者、フォークリフト運転者、小型車両系建設機械、実験動物技術士2級、ワープロ検定 など
 


搾乳実習


豚の体重測定


アイスクリーム製造実習


ハムの販売実習



フラワーコース
植物の培養から生産、草花栽培や利用方法について学びます 


植物科学コースでは、草花の栽培やフラワーデザインについて学ぶことができます。主な内容は、草花の栽培技術や管理、フラワーデザインについて学びます。また、植物の培養やバイオテクノロジーについても学びます。
 
【主な進路】
 農業自営他、農業関係の大学・専門学校、花卉市場・花屋、種苗関係会社などです。

【取得できる資格】
 ガス溶接取扱者、アーク溶接取扱者、大型特殊自動車免許(農耕用)、毒劇物取扱者
 危険物取扱者、ボイラー取扱者、有機溶剤取扱者、特定化学物質取扱者、産業用ロボット取扱者
 低電圧取扱者、フォークリフト運転者、小型車両系建設機械、ワープロ検定など


アスターの定植実習


フラワーアレンジ実習