鈴虫献上

鈴虫を皇室に献上


本校生徒達が飼育した鈴虫を毎年九月に皇室に献上しています。
皇室への献上は、昭和35年に誕生した皇太子さまに、農業学習の一環として飼育している鈴虫の
音色を聞いてもらおうと、昭和39年に献上して以来、毎年献上しています。

鈴虫の飼育は本校生物生産工学科の生徒が総合実習という農業科目の中で取り組んでいる。
献上した鈴虫は6月中旬にふ化し、8月中旬から鳴き始めた。ここのところ、温暖化の影響でふ化、
鳴き始めは年々早くなっている。